読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子ども脱被ばく裁判を支える会・東日本

ふくしまで被ばくしながら、懸命に子どもを守り、復興の妨げになると揶揄されても、頑張っている原告さん達を支える会です。 私たち日本人は、 特に東日本在住の人々と生物は、皆、福島第一原発事故で放射能被ばくをしています、残念ですが…ふくしまだけの…問題では無いのです!

子ども脱被ばく裁判 第8回口頭弁論傍聴記

f:id:sasaerubimbo:20161216074341j:plain

2016年12月12日 子ども脱被ばく裁判 第8回口頭弁論期日を傍聴しました。

 最近、支援者、原告さんの参加が少なくなっているみたいです、裁判の傍聴券も無抽選でした。

 その中で、共同代表水戸さん、片岡さんの「子ども脱被ばく裁判」への取り組みは、素晴らしいです。

 我々、支える会・東日本も参加者が、黒岩さん、前澤さん、自分の3名でした。

集会の最後に原告の、今野さんが、皆さん、次回2月15日の裁判は、知人、お友達を誘って来て下さいと、お願いしていました。

 支える会・西日本さん6名参加、脱被ばく実現ネットさん7名参加しています、次回2月15日の裁判には、支える会・東日本も6名位参加したいです。

皆さま、宜しくお願い致します。

 今回初めて参加した前澤さんは、自分達が、2014年9月26日、鹿児島県薩摩川内市久見崎海岸に建てた、脱原発川内テントへ今年11月に来てくれて、支える会・東日本の会員になって貰いました。

f:id:sasaerubimbo:20161216080836j:plain

 

 東京の南青山に住んでいて、機械に強く脱原発川内テントの車のテールランプ交換等、色々補修してくれて助かりました。

 本日も、撮影の三輪さんが来れなくて、前澤さんが持っていた録音機で録音、片岡さんにICチップを渡していました、心強い人が「支える会・東日本」へ入ってくれました。

 

 裁判、集会の経過は「民の声新聞」さんを読んでください。

宜しくお願い致します。

【子ども脱被ばく裁判】父親の怒り「原発事故で当たり前の生活奪われた」。母親の悔しさ「国も行政も住民守らなかった」~第8回口頭弁論で意見陳述 - 民の声新聞