読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子ども脱被ばく裁判を支える会・東日本

ふくしまで被ばくしながら、懸命に子どもを守り、復興の妨げになると揶揄されても、頑張っている原告さん達を支える会です。 私たち日本人は、 特に東日本在住の人々と生物は、皆、福島第一原発事故で放射能被ばくをしています、残念ですが…ふくしまだけの…問題では無いのです!

子ども脱被ばく裁判を支える会・東日本 規約

子ども脱被ばく裁判を支える会・東日本 規約 

第1条 (名称) 

本会の名称を    子ども脱被ばく裁判を支える会・東日本 と称す。 

第2条(事務所)  

本会の事務所を、事務局宅に置く。 

〒279-0041 千葉県浦安市堀江6丁目11番地13号シルク指田マンション103 

第3条 (入会資格) 

本会は、原則として、拝金主義ではなく、心根が清く清々しく東日本国内に在住、在勤する者を以て組織する。 

第4条(目的及び事業) 

本会は、福島第一原発事故により放射能汚染された地域の、子どもの放射能被ばくを通して、 

福島地裁での「子ども脱被ばく裁判」の告知拡散と原告を支援して、会員相互の親睦と日本人の 健康向上を、特に子どもの放射能被ばくによる、健康被害を未然に防ぐことを目的とし、 この裁判の告知拡散と原告への支援、誠意を届ける事を最優先とする。 

第5条 (役員) 

1 本会運営のために、次の役員を置く。役員の任期は、1年とし、再任を妨げない。 

 また、役員の3分の2以上の承認があれば、役員は変更できる。 

代 表    1名   黒岩 康(元ふくしま集団疎開裁判の会 会員) 

事務局長 1名 稲井邦利(子どもを守ろう水曜文科省の会 共同主催者)  

会 計    1名   富山洋子(浦安の未来を考える会 代表) 

監 事    2名  松木弥栄子(元ふくしま集団疎開裁判の会 会員) 

2名   酒井恭子(子ども脱被ばく裁判・支える会ふくしま 会員) 

2 各役員の職務は次のとおりとする。 

代表は、本会を代表して会を総括し、会議を招集し議長を決める。 

事務局長は、代表を補佐し、代表事故ある時はこれを代行する。 

会計は、本会の会計を掌握する。 

監事は、本会の会計を監査する。 

第6条 (会議) 

本会の会議は、年1回開かれる総会と、前記の役員による役員会とする。 

第7条 (定足数) 

本会の会議は、それぞれの定数の過半数の出席で成立する。 

第8条 (運営) 

本会は一般からのカンパは募らず、運営は役員の自己負担とし、会員からの1人年1000円会費は、子ども脱被ばく裁判の原告へ、全額送金とする。但し、会員からのカンパはその限りではない。 

また、原告にカンパをした人は、本会に会費を払わなくても、入会希望であれば会員になれる。 

第9条 (会計年度) 

本会の会計年度は、毎年9月1日から翌年8月31日までとする。 

第10条(変更) 

この会則は、総会において、出席者の3分の2以上の承認があれば変更できる。 

第11条(設立)この会は、平成27年 8月31日に設立した事を証明する。 

付則 この会則は、平成27年 8月 31日から施行する。