子ども脱被ばく裁判を支える会・東日本

ふくしまで被ばくしながら、懸命に子どもを守り、復興の妨げになると揶揄されても、頑張っている原告さん達を支える会です。 私たち日本人は、 特に東日本在住の人々と生物は、皆、福島第一原発事故で放射能被ばくをしています、残念ですが…ふくしまだけの…問題では無いのです!

子ども脱被ばく裁判・第3回口頭弁論のご案内

福島の武藤恵さんからの紹介です。

 

子ども脱被ばく裁判の第3回口頭弁論が、12月1日(火曜日)15時から、福島地方裁判所福島市)で開かれます。 

 去る6月23日の第1回口頭弁論では、子ども人権裁判の被告側(福島県と県内8市町)は、訴訟要件を充たさないとして「門前払い(却下)」を求め、親子裁判の被告側(国・福島県)は、全面的に争う姿勢を見せました。 

 福島地方裁判所は、子ども人権裁判の訴訟要件の有無について、早ければ年内にも中間判決を示す可能性があるとされ、仮に、却下となると、子ども人権裁判はその時点で終結し、原告の訴えは退けられてしまいます。 

 そこで、当会では、公正な審理・判決を求めるため、第1次「署名・応援ハガキ全国運動」を展開し、第3回口頭弁論期日に、これら署名とハガキを福島地方裁判所に提出します。 

 このように、子ども脱被ばく裁判は重大な局面に差しかかっています。みなさまにおかれましては、ご多忙とは存じますが、下記のプログラムに、ご参加・ご支援いただきたく、宜しくお願い申し上げます。 

      子ども脱被ばく裁判の会共同代表 水戸喜世子 片岡輝

 

◆ 当日のプログラム ◆
1 期日
 12月1日(火曜日)

2 開催場所
 福島市民会館
  福島市霞町1番52号 電話番号:024-535-0111
 福島地方裁判所
  福島市花園町5-38  電話番号:024-534-2156

3 福島市民会館
 10:20 交流会
 12:00 弁護団による進捗確認・昼食
 12:55 出発

4 福島地方裁判所
 13:30 裁判所前アクション・リレートーク
 13:45 署名、応援ハガキ提出
 14:30 傍聴券抽選(予定)
 15:00 開廷

5 福島市民会館
 16:30 記者会見
 17:05 意見交換会
 18:00 終了
◆ お問い合わせ先(子ども脱被ばく裁判・事務局)◆
  電話番号:080-5220-4979
  メールアドレス:kodomo2015-info@oregano.ocn.ne.jp