読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子ども脱被ばく裁判を支える会・東日本

ふくしまで被ばくしながら、懸命に子どもを守り、復興の妨げになると揶揄されても、頑張っている原告さん達を支える会です。 私たち日本人は、 特に東日本在住の人々と生物は、皆、福島第一原発事故で放射能被ばくをしています、残念ですが…ふくしまだけの…問題では無いのです!

福島地裁・子ども脱被ばく裁判第九回口頭弁論傍聴記

f:id:sasaerubimbo:20170222080129j:plain

 2月15日福島地裁で第9回口頭弁論が開かれました。

 2月14日午後11時50分の夜行バスで、東京駅鍛冶橋駐車場から、福島駅西口を目ざして、いざ出発、バスに乗るとバスは若者で満席でした。隣の若者は口にマスクをして、咳をゴホン、ゴホンしている・・・マイッタナ~~~ト・ホ・ホ・な自分。

 翌日5時40分ごろ福島駅西口へ到着、降りたのは自分と同年代らしき女性2名のみ、新白河で1名、須賀川4名、残りの30名位いた若者は郡山駅で降りました、福島県は郡山が中心なんですね。

 さて早朝で、時間を持て余し線量計で福島駅東口を計測、空間線量は0.15μ㏜前後です、東京の神田、霞ヶ関、渋谷と変わらない、しかしここからが福島です、地表線量が東京と桁違いです、東京では空間線量と地表線量はあまり変わりませんが、ジャジャジャァ~ン~~福島駅東口は地表線量が桁違い、ナカゴウ百貨店の交差点手前で1,24μ㏜有る所が(写真左下、地面に置いてある白いのが線量計)そこは東口で、裁判当日に、脱被ばく実現ネットの皆さまが、チラシを配布している場所です。

 流石~~福島です、ナカゴウ百貨店の電光掲示板では、福島を皆で復興させようと、通勤、通学の市民に呼びかけています、そばを犬を連れたおじさんが散歩、犬は地面をクンクン臭いをかいでいます、あぁ~犬が被ばくするよ・・呑気すぎるな~・・・おじさん!

 9時に福島市民会館へ到着、原告の今野さんと佐藤美香さんが来ていて、雑談をしていると係りの人が来て開場、集会の準備をしながら、今回は♡が落ちないようにと願い、今野さん達と冗談を言いながら、和やかに準備完了です。

 今回も大きな♡は、全て午後の集会終了までに落ちました・・・残念です!

 次回は、午後の記者会見前に♡をダメ押ししましょう。

 そして午前中は、中手聖一さんが事前集会で講演を、午後からの裁判では意見陳述を行いました。

 お名前は知っていたがお会いするのは初めて、お会いすると言っても、自分は名刺は出さないし講演を聞き、ただ眺めていただけです。

 集会から裁判の経緯は民の声新聞さんをご覧ください。

【子ども脱被ばく裁判】「山下講演」の衝撃と怒り、年20mSvで〝安全〟とされた学校。中手さんが意見陳述「子どもを守れるのは親だけ」~第9回口頭弁論 - 民の声新聞

 裁判の経緯は、弁護団のページをご覧ください、今回から原告の陳述準備書面と被告国、福島県の答弁準備書面も載っています。裁判の内容が分ります、ぜひ一読を!

 そして、先にブログを発表している、支える会西日本さん、脱被ばく実現ネットさんとも、支える会・東日本ブログのリンク先で(右側にあるお名前をポチと押して)ご覧ください。

 福島の子ども達を放射線量の少ない場所で授業を受けさせる、福島県民に福島第一原子力発電所事故の後に、適切な処置をしないで余計な被曝をさせた、国、福島県に対して、自分は、裁判もいよいよ本題に入って来たなと思います、原発の闇の扉をこじ開けるのは、我が弁護団です!ガンバレ~子ども脱被ばく裁判の弁護団は日本一です!

 弁護団から被告国に対して、原子力緊急事態宣言は、誰が、何処で決めたか、井戸謙一弁護士が陳述をしました・・・カッコいいぞ井戸謙一弁護士!

 原子力緊急事態宣言を解除しないで、発令した現状は安倍総理に権限が集中するから、安倍総理はやりたい放題です、ですから、安倍総理は解除しないでしょう!

 「原子力災害対策特別措置法」の第15条 原子力緊急事態宣言

http://brownmorning.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/kanteidoc/20131018.pdf

 年間被ばく限度線量20mSv以下で高線量地域に住民を帰還させる、自主避難者の住宅支援打ち切りも、原子力緊急事態宣言が発令されたままだから、法律違反ではなく実行出来るのです。

 推測ですが、自主避難者の住宅支援打ち切りは、福島県の内堀雅雄知事が決めたのではなく、2020年東京オリンピックまでに避難者を0にしたい、安倍総理内閣府が決めたと思います、去年ひだんれんの院内集会で、各省庁の担当者が持ち帰って検討しますと言わないで、強い口調で「決まった事ですから変わりません」と此方を見下していたのが印象的でした。

 次回からの裁判予定です、今回安部さんが参加して、前澤さん、黒岩さん自分の4名でした、次回から、支える会・東日本会員は8名ぐらい参加したいです。

 皆さん、宜しくお願い致します。

 
  第10回 口頭弁論期日 5月24日(水)14時30分

 

  第11回 口頭弁論期日 8月8日(火)14時30分

 

  第12回 口頭弁論期日 10月18日(水)14時30分