読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子ども脱被ばく裁判を支える会・東日本

ふくしまで被ばくしながら、懸命に子どもを守り、復興の妨げになると揶揄されても、頑張っている原告さん達を支える会です。 私たち日本人は、 特に東日本在住の人々と生物は、皆、福島第一原発事故で放射能被ばくをしています、残念ですが…ふくしまだけの…問題では無いのです!

第9回子ども脱被ばく裁判のご案内

 皆さま。

稲井です。

 

 寒さが厳しい来月2月15日福島地裁で開催されます。

共同代表 片岡輝美の、第9回子ども脱被ばく裁判口頭弁論のご案内です。

支える会東日本は、傍聴希望者が毎回3~4名です。

今回は6~8名位が参加して欲しいです。

宜しく、お願い致します。

 

子ども脱被ばく裁判支援者のみなさま

子ども脱被ばく裁判の会・片岡輝美です。いつも子ども脱被ばく裁判をお支えくださり、ありがとうございます。第9回子ども脱被ばく裁判口頭弁論のご案内です。今回のアクションプログラムには、原告でもある手聖一さんをお招きし、全国的なお働きを伺います。特に、目の前に迫っている区域外避難者無償住宅支援打ち切りを阻止するための行動について、ともに学びましょう。そして午後の裁判では傍聴席を満席にし、公正な裁判を強く求めていることを、裁判官にアピールし原告たちを励ましたいと思います。ご多忙、また厳しい寒さの中ですが、ぜひご参集ください。

■日時:2017年2月15日(水)午前10時30分〜午後5時30分
■会場:福島市民会館 〒960-8021福島市霞町1番52号 ℡024-535-0111
    http://www.city.fukushima.fukushima.jp/site/shisetsu/shisetu-bunka26.html
   福島地方裁判所 〒960-8512    福島市花園町5-38 ℡024-534-2156
■プログラム
10:30 開会のあいさつ・署名数報告
10:40 アクションプログラム・中手聖一さんのお話と質疑応答
12:00 昼食と休憩
12:45 本日の裁判の争点 弁護団
13:15 地裁へ移動
13:30 地裁前集会
14:00 傍聴券配布
14:15 入廷
14:30 開廷・意見陳述
15:30 閉廷
15:50 記者会見
16:20 本日の裁判と今後について意見交換
17:30 閉会のあいさつ


片岡輝