読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子ども脱被ばく裁判を支える会・東日本

ふくしまで被ばくしながら、懸命に子どもを守り、復興の妨げになると揶揄されても、頑張っている原告さん達を支える会です。 私たち日本人は、 特に東日本在住の人々と生物は、皆、福島第一原発事故で放射能被ばくをしています、残念ですが…ふくしまだけの…問題では無いのです!

福島原発告訴団 からのお知らせ

 
 

 

 告訴人・支援者のみなさま
 
◆東京第一検察審査会激励行動◆
東電と旧経産省保安院津波対策担当者計5名について、東京第一検察審査会に申立てをしています。この申立てについても起訴相当の議決をしてくださるよう激励行動を行います。
今年最後の検審激励行動です。
起訴相当議決を求めて、声を上げましょう!
12月10日(木)
12:00~13:00 検審激励行動 東京地裁

*今回は院内集会はありません。
*福島発着のバスはありません。
 
福島地検前行動&県内集会◆
告訴団が2013年に、法人としての東京電力東電役員・元役員32名を公害罪で福島県警に告発した汚染水放出事件が、今年10月に福島地検書類送検されました。
福島地検が起訴することを求めます!
12月17日(木)
11:00~ 福島市 福島中央郵便局前の森合町緑地に集合
11:30~ 福島地検に上申書提出
13:00~ 集会 福島市市民会館5階 501室 参加無料

甫守一樹弁護士による汚染水放出事件上申書の解説、刑事裁判の支援について等
14:00~ 終了予定